執筆コラム

『仕事と家庭は両立できない?』 「女性が輝く社会」のウソとホント(アン=マリー・スローター 著、篠田 真貴子 解説・監修・その他、 関 美和 翻訳、NTT出版)【『MARKETING HORIZON』掲載:書評】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2018年3号掲載 ツノダフミコ著 既に地殻変動を起こしている「働き方・働く意義」における本質を見つめるための1冊である。タイトルからワーク … 続きを読む

30cm斜め後ろ【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2018年1号掲載 ツノダフミコ著 テレビで嵐の面々が「そうか、平成30年か。そうか、年賀状書くか。」と爽やさを振りまきつつ、平成の30年間 … 続きを読む

103年愛し愛され続ける 宝塚の自画自“尊”オーラ【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2017年8号掲載 ツノダフミコ著 その舞台を観たことがなくても、誰もがイメージだけは知っている宝塚歌劇団。2014年に100周年を迎え、今 … 続きを読む

家庭内年中行事にみる、しあわせな人vs.不満だらけの人【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2017年5号掲載 ツノダフミコ著 もはやジャパニーズ・ミラクルと言ってもいいほどの様相を呈しているのが、目まぐるしい季節イベントに完璧に対 … 続きを読む

突き詰めるべきは、お財布を開きたくなる瞬間【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2017年2号掲載 ツノダフミコ著 わかっちゃいるけど難しい B to Cの事業を展開している方々にとっての永遠のテーマのひとつが「どうした … 続きを読む

やっぱり「行間」がいい【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2017年1号掲載 ツノダフミコ著 見えない・聞こえない行間の醍醐味 確かにそこにあるはずなのに、その姿は見える人にしか見えない。それが行間 … 続きを読む

変わりゆく「家事劇場」の 表裏【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2016年2号掲載 ツノダフミコ著 一般的に働く女性の支援というと「家事・育児」とまとめて扱われる割には、実際の制度支援や助成策の表舞台は圧 … 続きを読む

Prideという体幹でしなやかに未来を歩む【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2016年1号掲載 ツノダフミコ著 未来予測の無力感 一番確かな未来予測データである人口推計を除けば、わたしたちは既に予測しにくいどころか、 … 続きを読む

今どき男前男子の心得 美肌男子が目覚めたモノは、美肌の奥にある?!【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2015年5号掲載 小林聡美著 昨年夏に丸の内朝大学で実施された「丸の内男の美肌クラス」をご存知だろうか。この男性限定講座は、募集開始3分で … 続きを読む

これまでのモノサシでは測れない 進化系男性というお客さま【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2015年5号掲載 ツノダフミコ著 今号では、さまざまな事象から今どきの20~30代を中心とした男性の進化のカタチをみているが、本稿では彼ら … 続きを読む