執筆コラム

これまでのモノサシでは測れない 進化系男性というお客さま【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2015年5号掲載 ツノダフミコ著 今号では、さまざまな事象から今どきの20~30代を中心とした男性の進化のカタチをみているが、本稿では彼ら … 続きを読む

女性は永遠に女子  ―「女子」の高齢化問題―【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2015年7号掲載 ツノダフミコ著 後期高齢女子の出現 先日観たテレビ番組に「おおっ」と感じた場面があった。どこかの地方市町村の公民館のよう … 続きを読む

「ゆるメン」はゆるいオトコではない【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2014年9号掲載 ツノダフミコ著 「ゆるキャラ」はもちろん、「ゆるキャリ」や「ゆる家事」に比べてもまだまだ市民権を得ていない「ゆるメン」。 … 続きを読む

本当の自分はどこに ―オウチ城の主婦プリンセスたち―【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2014年7号掲載 角田朋子著 アナ雪と専業主婦願望の類似点 近年最大のヒット映画『アナと雪の女王』を、ようやく遅ればせながら鑑賞した。ミュ … 続きを読む

生きる力と目的意識 ―キャリア教育は優れた夢先案内人か―【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2014年5号掲載 ツノダフミコ著 背番号10を付けてACミランで活躍するようになった本田圭佑選手の小学校卒業時に書いた作文が、UNIQLO … 続きを読む

消費にもときめきを ―シニア男性はときめきエントリーに投資できるか?―【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2014年4号掲載 ツノダフミコ著 恋愛をするのに年齢制限はない。いくつになっても、ときめく心をとめることはできない、に違いない。しかし。そ … 続きを読む

おうちの中のカナリアたち【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2014年1号掲載 ツノダフミコ著 カナリアは炭坑に連れて行かれるために生きているわけではなく、もちろん、炭坑での毒ガスを敏感に察知するため … 続きを読む

場を収める司祭力
玄人の企みは極上の無駄遣いを神化させる - 「サロン・ド・シマジ」島地勝彦氏-【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2013年11号掲載 ツノダフミコ著 新宿の伊勢丹メンズ館といえばお洒落な男性が集まる場所の代名詞的存在だが、その8階の一画に「サロン・ド・ … 続きを読む

息子という鏡に映る「わたし」―ワーキングマザーと息子たち―【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2013年10号掲載 ツノダフミコ著 ひと頃、注目を集めていたキーワードに「母娘消費」というものがあり、仲良しの母と娘がショッピングや外食 … 続きを読む

本能と五感の支配力【『MARKETING HORIZON』掲載:執筆コラムより】

公益社団法人 日本マーケティング協会発行 『MARKETING HORIZON』2013年7号掲載 ツノダフミコ著 このところ話題になったもののひとつに、誕生から今年で(あるいは、もうすぐ)50年を迎える、というモノやサ … 続きを読む